よいよい写真館番外編イタリアツアー>第6日目午前

第5日目午後< >第6日目午後

第6日目午前

 ローマ −254km− 世界遺産ポンペイ遺跡観光 −28km− ナポリ車窓観光 − 【ナポリ泊】 

事前学習

・ポンペイの歴史
 紀元前、サルノ川河口付近に先住民オスキ人の集落があった。
 BC526年エトルリア人に占領される。
 BC474年イタリア南部に居住していたギリシア人と同盟を組み、クマエの海戦で復活。
 BC5世紀後半からサムニウム人の侵攻が始まる。
 BC424年にはサムニウム人に征服され、サムニウム人はまた、カンパニア全体を支配した。
 その後カンパニアの諸都市が同盟市戦争と呼ばれる戦争をローマに対して起こすと、ポンペイも反ローマ側に加わった。
 BC89年、ローマのルキウス・コルネリウス・スッラによって町は征服されたが、ポンペイは、港に届いたローマへの荷物を近くのアッピア街道に運ぶための重要な拠点となり、以後、商業都市として栄えた。
 AC62年2月5日、激しい地震がポンペイを襲った。
 79年8月24日、ヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続け、翌25日に完全に地中に埋まった。

ナポリの歴史



ポメツィアのホテルの部屋から朝日に輝く町を望む。7:34
(ローマから南へ約25km)


イタリアの朝食は簡単です。パンとミルク、コーヒー。


9:00にボメツィアのホテルを出て、12:30にポンペイ着の予定です。


ローマ松の並木街道です。


バスは一路ポンペイを目指し、A1太陽道路を走ります。
今日の走行距離は250kmを越えます。


オリーブ畑です。


ナポリの手前で交通渋滞があり、しばらくのろのろ運転でした。


しばらくノロノロの後、その原因がこれでした。


イタリアの救急車です。


トイレ休憩で、店に入りました。12:06


この休憩所の店は日本人客が多いようです。
スタッフに日本人がいるのか、日本語が書かれています。


もしかしてベスビオス山か?と感じました。


料金所です。


これもローマの旧街道でしょう。ローマ松の並木があります。


ナポリです。工場の向こうに1群の高いビルがありますが、日本建築界の
大御所、丹下健三氏が設計したものだそうです。
しかし、ナポリの人々はあんな高い建物は危険だといって、
事務所などのテナントがなかなか入らないとのことです。


家々の向こうに海が見えています。


やっとポンペイに到着しました。13:43


白ワインを食前酒に昼食が始まりました。


ここでの昼食はシーフードフリッターが出ました。


グラタンをほぐしたような食べ物でした。


デザートは大変に甘いシロップ漬けの菓子でした。


けっこうイタリアには植栽の中にフジがありました。


ポンペイの町角にあった果物屋です。

第5日目午後< 第6日目午後

よいよい写真館番外編イタリアツアー>第6日目午前