よいよい写真館番外編イタリアツアー>第3日目午前

第2日目午後< >第3日目午後

第3日目午前

 ベネチア(メストレ) − 世界遺産ヴェネチア観光(サンマルコ寺院入場見学、ドゥカーレ宮殿、ヴェネチアンガラス工房入場見学、ゴンドラ遊覧、ショッピング) −241km− カレンツァーノ −18km− フィレンツェ 【フィレンツェ泊

事前学習

・ヴェネティアの由来は古来ラテン語で「ウェネティ人の土地」を意味する。ウェネティ人が住んでいたアドリア海の奥に拡がる土地をウェネティアと呼んだことから来ている。イタリアでのラテン語の読みでヴェネティアと発音する。英語由来ではヴェニス、ベニスともなる。
・ヴェネティアはアドリア海最奥部のヴェネティア湾にできた干潟の上に築かれた都市である。
・交通は自動車は使えないので徒歩か船による。手こぎの「ゴンドラ」が有名だが現在は観光用。
・本島以外に、「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」「ジュデッカ島」、「リード島」、「サン・ミケーレ島」、「ムラーノ島」、「ブラーノ島」、「トルチェッロ島」などがある。
・ヴェネティア出身の有名人には、マルコ・ポーロ、アントニオ・ヴィヴァルディ、ジャコモ・カサノヴァなどがいる。

事前学習のためヴェネティアの年表を作りました。



 泊まっていたのはベネチア近くのメストレという町
の小さなホテルでした。質素なホテルでイタリア人の
生活に近いんだということでした。なるほどバスタブは
なくシャワーのみの生活が普通のようです。8:10


海が見えて来ました。ベネチア本島へ渡る港が近い。


10:07 港に到着。ツアーの25人が乗れるという船に移ります。


Tシャツに短パンの船長さんを前方に見て、初めはおとなしく船室に
収まっていたのですが、・・・


やがて、美しい船を見たのでカメラを提げて船長さんの横に移動しました。


水の上に浮かんで建っているように見える建築物が並んでいます。


教会の聖堂のような建物も水の上に見えます。


これはまた歴史のありそうな別の教会です。


10:35 ベネチア本島の港に上陸しました。


岸壁の向かいには、ほとんどの面積をサン・ジョルジョ・マッジョーレ
教会が占める、同名の島が見えました。


ベネチア共和国に多大な貢献をしたという、
バルトロメーオ・コッレオーニ傭兵隊長の騎馬像です。


10:52 以前から乗ってみたかったゴンドラに乗りました。


ゴンドラの旅の始まり始まり〜。


出発すると、改修中のためカラフルなテントに囲まれました。
宮殿から監獄へ送られる囚人が渡る「ため息の橋」をくぐりました。


狭い水路を進むとレンガが崩れそうな古い家並みが続く。


水夫たちは行き交う船に声を掛け合いながら進む。


自家用車ではなく、自家用船らしいモーターボートなどが
ところどころに係留されていました。


橋はたくさんありますがゴンドラがくぐりやすい高さになっているようです。


こんなベランダもありました。ホテルかな?
壁面がはがれているんだけど、装飾は立派だなあ。。


交差点もあり、そして・・・


カーブミラーもありました。


11:23 約半時間のゴンドラの旅は終わりました。
少し期待していた水夫の舟歌は聴けず、残念でした。


船を下りると次はサン・マルコ寺院です。
まったくいい天気で、イタリアの太陽を浴びて色が焦げるようです。
低音の魅力的な声のユル・ブリンナー似の地元ガイドの頭もよく光っています。
驚いたことに、彼が話し出すとイタリア人なのに大変日本語がじょうずでした。


内部は暗い上に撮影禁止でしたが、金銀財宝がいっぱい。
サン・マルコ寺院の始まりは聖マルコの遺骸をエジプトから盗んで来て
墓を作り、その墓の上に寺院を建たことにあり、聖マルコの威光を得て
町が栄えたといいます。私の感覚では盗賊の御殿としか思えません。


サン・マルコ寺院の正面です。内部には帽子を脱いで入ることになっていました。
また女性はノースリーブなどの肌を露出した服装はだめだそうです。


天井を埋め尽くしている美しい壁画の中から、失礼して1枚だけその
証拠をもらってきました。目立たないようにストロボは使っていません。
薄暗いはずの礼拝堂の中で光り輝く天井の宗教画が見事です。
うす暗い中できらきらと輝くのは、金の小さなタイルをはりつけたモザイク
画だからだと聞きました。ここは大変混雑するので、金に目を奪われてい
ると、自分の少ないお金をすり盗られてしまいそうで、早々に出てきました。


寺院前の広場には、灯台のような高い塔(鐘楼)が
そびえています。後から知ったのですが、この上に
エレベータで上がれたのだそうです。残念。


聖マルコの象徴の羽根のあるライオンが、高い
塔の上に立っていました。


広場奥の旧行政館の大きな建物です。


ドゥカーレ(公爵の)宮殿は博物館になっていて、当時の贅沢な部屋が
残されていました。共和国の総督邸兼政庁だった建物で、8世紀に創建され、
14世紀-16世紀にかけて現在の形に改修されたそうです。


唯一、撮影可だった黄金の階段です。


ベネチア名物のガラス工場を見学しました。ツアー仲間には30年前
にも来た、という人がいて、その時もこの職人がやっていたとのこと。


14:37 昼食はイカスミ・スパゲッティと、イカのリング揚げ+小エビです。
ずいぶん遅い昼食になりお腹も減り、今見た景色を重ね合わせながら、
大変おいしくいただきました。

第2日目午後< 第3日午後

よいよい写真館番外編イタリアツアー>第3日目午前