よいよい写真館番外編トルコツアー>第3日目−2

第3日目−1< >第4日目−1

第3日目−2

 10月25日  イスタンブール − トロイ世界遺産 − アイワルク泊    

 入場券



14:16 トロイに着きました。左の森のかげから巨大な木馬が
覗いています。今日は観光客が少ないとガイドさんが言って
いました。トルコへの観光客は、1番多いのはドイツ人。
本来のドイツ人が20万人、トルコからドイツに移住している
人が一時帰国するのが300万人、2位はロシア人で、商売
のため、次いでアメリカ、イギリス、スペインとのこと。


トルコ各地で見かけるイチジクです。


トロイの遺跡は長いこと伝説だけの都市だといわれていま
した。しかし、ホメロスの書いた叙事詩「イリアス」の、いくつ
かの符合することがらを研究したシュリーマンにより発見さ
れました。


ガイドさんに説明を受けた後、遺跡を歩きます。


城壁は下の方はでこぼこして登りやすいけれど、中程から
上はつるつるに仕上げていて、上からの攻撃をしやすくして
いたのだそうです。


城郭の門に近いところには、門を打ち壊
すための長大な道具が通れないように
カーブをつけてあったのだそうです。


今は海岸が遠くになってしまいましたが、当時は畑地の手前が海岸だったのだそうです。
石垣は住居跡ということです。

 
時代別に何層にも重なった断面が見られる部分もあり、説明板に色分けされて示されていました。


修復された部分もありましたが、トルコには遺跡の数が多く
4000もあるのでなかなか手がまわらないとガイドさんが
言っていました。


砦跡なのでしょうか。


平石で舗装された坂道。これまで土に埋まっていたので
きれいに保存されていました。
両脇の石垣は4500年ほど前のものと推定されています。


紀元前1000年以降の遺跡で聖域と呼ばれる場所です。
ここで神に祈り生け贄を捧げたりしていました。


紀元前85年以降に建設された円形劇場です。


地震により倒壊したであろう列柱がごろごろしている。


イチジクのほかにはこのドングリの仲間です。


ちょうど実がなっていました。


資料館のような施設でトロイ発掘の様子などが見られます。


トロイ城が最大規模となった様子。


初期のトロイ城の想像図。


ロシア人シュリーマンはロシア人の妻を
離婚してギリシア人の妻を迎えていまし
た。シュリーマンが発見した装飾を身に
つけた妻ソフィアの写真です。
シュリーマンはトロイの発見者ですが、
こっそり財宝を持って帰ってしまったので
政府から訴えられました。1890年に亡くなり
アクロポリスの向かい側に埋葬されてい
ます。発見者の名誉と、泥棒の汚名の
両方をもっています。


1975年に観光用に造られた木馬です。


上に登り窓から見ると見晴らしがいいです。


内部の様子です。
無料ですが途中の階段が狭くて急なため、ご用心ください。


15:06 木馬の窓から下を見ました。これでトロイ遺跡の観光は終わりです。


今夜のホテルのあるアイワルクに向かってバスは走り出しま
した。アカマツが多く松茸もできるそうですが、地元ではそんな
に貴重がられることはなく、普通のキノコの1種として食べられ
ていて、一部は日本にも輸出されているそうです。


バスは山越え、谷越え150kmを走ります。
途中エーゲ海を望む展望所を通過しました。


農民の足はトラクターです。


この辺りの建物の屋根には衛星放送用のパラボラアンテナと
太陽熱温水器が必ずついています。


プロパンガス屋さんです。

 
通りを何かくわえて草むらに走りこむ犬を発見。 ・・・なんとバナナを食べている ・・・バスが通過する一瞬のことでした。


こちらの農民の足は馬でした。


17:02 トイレ休憩に立ち寄ったドライブインのアルバイトは
バスの洗車です。


ここでも犬がドテっと寝てました。


オリーブ畑です。


17:57やっと到着です。


18:43 エーゲ海の海岸近くのホテルの窓からです。美しい夕焼けでした。


野菜たっぷりで嬉しいですね。白ワインを追加しておいしく
いただきました。
でもこの白ワインは赤ワインと同じぐらい渋みがありました。


部屋のテレビでは一昨日の地震のことが盛んに放送されて
いました。トルコの東端に近いVANでのM7.2の地震です。
私たちはトルコの西半分しか回りませんので、ツアーへの
影響はありません。


3月の東北大震災のことが思い出されました。

第3日目−1< 第4日目−1

よいよい写真館番外編トルコツアー>第3日目−2