よいよい写真館番外編スペインツアー>第3日目午後
第3日目午前<  >第4日目午前

第3日目午後

 10月19日 (バルセロナ) バルセロナ観光 聖家族教会 【世界遺産】グエル公園 【世界遺産】カタルーニャ音楽堂など 午後 ~バス~ タラゴナ観光【世界遺産】ラスファレラス水道橋など ~バス~ バレンシア観光【世界遺産】ラ・ロンハなど (バレンシア泊) 


13:14 昼食後店のある場所からバスに向かう途中、海岸が見えました。
風が強く、時雨のような感じになってきて急いでバスに乗りました。


バスが走り出して間もなく、普段見たことのない特別な感じの風景になりました。


小さな十字架を見てようやく墓地山であることがわかりました。
でも私が知っている日本の墓と同じようなものも見えますが、何かがちがっているようです。


帰ってからはじめの写真を拡大してみました。同時にネットで調べると、
壁についている小さな窓が一つの墓だそうです。
スペインでは火葬はしないので、この窓にお棺を滑り込ませ納めること
ができる壁の厚さだそうです。縦の1列を家族で買うことが多く、飾りの
付いた大理石などの蓋をするそうです。
不思議な感覚にとらわれた原因がやっとわかりました。


モトクロッサーを運んでいます。近くにモトクロス場があって楽しむのでしょうか。


タラゴナ近辺を走る高速鉄道ALVIAが見えました。


小さな川を渡りました。堰があり、周囲の農地に配られているようです。


約100kmのドライブの後、14:30 タラゴナに着きました。


タラゴナにはローマ時代の水道橋が残されていました。


山中を通ってきた水道がこの橋で谷を渡るようになっています。


石組みだけで今までよく持ちこたえたものです。


遺跡の端です。今は中に水はなく、観光客が中を歩いて水道橋を渡っています。


15:30 トイレ休憩で利用したサービスエリアのショップです。


ここでおまわりさんも休憩でしょうか。


形の違うのがもう1台ありました。こちらは4駆かもしれません。


ボンネットに描かれていたエンブレムです。


こちらのバスに接続されたカートには、何を積んでいるのでしょうか。


オリーブの古木が盆栽のように植栽されていました。


16:00 バスで260kmを走り、バレンシアに向かいます。このあたりは地層がかなり傾いていますね。


鉄道が川を渡る橋のようです。新しいです。まだ工事中なのか。


オリーブの盆栽?屋さん。先ほどの休憩所にあったのはこれか。


こちらはバレンシア・オレンジの木かな。


そしてそのオレンジの苗が植えられているのだと思います。


空の雲がきれいでした。


バレンシアの町がもう近い。


バレンシアの町に入ってきました。


午後7時半頃です。町に灯りがつきはじめました。これからバスを降り、まちなか見学です。


中央市場の建物です。ヨーロッパでも最大規模だそうです。


ラ・ロンハ・デ・ラ・セダは15世紀後半に建てられた絹の商品取引所で、
当時のバレンシアの経済力の大きさを偲ばせる建造物です。


商業広場には教会や市場などがありました。
八角の塔はカテドラルのミグレテ(ミカエル)の塔だそうです。


カテドラルの北門になる「使徒の門」です。
このカテドラルには、キリストが最後の晩餐に使ったという聖杯があるそうです。


すっかり夜になり、門を出てホテルに向かいます。


ホテルでの食事はスープに、


白身の魚ムニエルに、


あまいデザートでした。

3日目午前<  第4日目午前

よいよい写真館番外編スペインツアー>第3日目午後