よいよい写真館番外編イタリアツアー>第2日目午前

第1日目< >第2日目午後

第2日目午前

 〜 ドバイ 〜 ミラノ着13:45 ミラノ観光(ドゥオーモ入場見学、ピットリオ・エマヌエーレ2世アーケード、スフォルツェスコ城、ショッピング)  −271km− ベネチア 【メストレ泊

いくら飛んでも夜。そのはずで、地球を西に向かって飛んでいるのですから、朝から逃げているようなものです。


これからお世話になります。いい笑顔でした。


日本時間 6:51。 朝食としてはムツ照り焼き、スクランブルエッグ、クロ
ワッサンに紅茶またはコーヒーが出ました。
前の食事で米飯を食べなかった分、これはおいしくいただきました。


ドバイ空港で乗り継ぎです。機体はB777−300、金文字が輝いてます。
ドバイは日本とは時差が−5時間です。日本時間 9:30 はドバイでは 4:30 です。


ドバイ空港内の商店街です。ユーロは持って来ましたが、ここではドバイの
通貨に両替をしないと買えないと聞いたので、ここは見るだけでした。


 公衆電話はしゃれたデザインです。カートに足を乗せ、おしゃべりに夢中と
いう様子でした。
 この空港は新館と旧館が続いていました。喫煙室は旧館に1つしかなく、
小さな部屋に大勢が入っていて、しかも換気が悪くて煙が充満し、最悪の
状態でした。自分のタバコがなくてもニコチンで酔うことができるほどでした。
 あまりにも過密状態だったので、入り口付近で新しい空気を入れながら
吸っていると係員がやってきて中に入れと命令するのには腹が立ちました。
取り締まる前に、もっと広い部屋にするか効率の良い換気をするべきです。
そうしないとタバコを吸わない人に迷惑をかけるうえに、自分たちも気分が
よくありません。
 新館では限られたBARで、10$以上飲食すれば喫煙できるらしいので、
空港まで金持ち優遇かと思いました。


ここが新館のメイン通りなのでしょう。広々としています。


ピカピカときれいです。


インターネットをする場所もありましたが満席でした。


4時間以上あるのでぶらぶらします。お面の飾りがおもしろい。


すっかり明るくなって、8:20 に再び搭乗して9:05 発でミラノに向かいます。


また前の方で配膳の様子が見えました。


午後のおやつの時間です。 季節のフルーツとクロワッサン、それに
ちょっとしたケーキに紅茶かコーヒー、ビールもいただきました。
ここで添乗員曰く、「皆さ〜ん、まじめに全部食べなくてもいいんですよ〜。」


翼端のウイングレットにアラビア文字のマークのようなものが。
それにしても空が深いいい色で、翼がくっきり映えます。


雲が多く、地表の写真を撮るには少し視界が悪いです。
この路線は機内の毛布や自前のパーカを着ても寒くて、
くしゃみが出て困りました。


モニタを見ると、機体の図がイスタンブール上空を通過しているので、
もうすぐミラノに到着する事が分かります。


寝たり起きたりしているとまたまた食事です。運動もしないのに我ながら
よく食べることができると感心しました。昼食はサラダが2品と長い米を
使ったチキンカレーでした。ビスケットとチーズもついていて、結構おいしく
食べることができました。

現在イタリアは日本との時差が7時間だそうです。
ドバイでセットした時計から、もう2時間を引いて時計をセットします。
18:16-5:00-2:00=11:16 ちょうど昼前になります。

第1日目< 第2日目午後

よいよい写真館番外編イタリアツアー>第2日目午前