第4日目(午後)<  >第5日目(午後)

よいよい写真館番外編グランドキャニオンへの旅>第5日目(午前)


第5日目(午前)
 グランドキャニオン 早朝朝日観光30分 9:30(バス移動108km2時間)〜 セドナ観光1時間(昼食と自由行動) 〜 (バス移動350km5時間) 〜 19:00ラスベガス泊 

<事前学習>
セドナは、アメリカ合衆国アリゾナ州中北部、州都フェニックスより北に車で2時間に位置する都市。人口11,483人(2007年)。
 1876年に白人が初めて入植。都市名は町の初代郵便局長セオドア・カールトン・シュネブリーの妻セドナに由来する。
 古くからネイティブ・アメリカンの聖地とされ、近年ではボルテックスと呼ばれるパワースポットが点在する"癒しの町"として人気があり、年間に約400万人の観光客が訪れる観光地・保養地となっている。
 個性的な形をした赤い岩山に囲まれ、「ベルロック」、「カセドラルロック」、「コーヒーポットロック」、「スヌーピーロック」などの愛称が付けられている。
(以上Wikipedia参考)
 日本から訪れる方々のためのArizona Guideも参考になります。



5:50 まだ夜明け前に起き、バスで昨日の展望所に向かいます。


グランドキャニオン国立公園のモニュメント前を通ります。


もうすぐ朝日が出てきます。


明るくなると、じっと待っていられないね、若い人は。


全体が明るくなってきた。


朝日が顔を出し、あちこちの標高の高い所から順に照らされていきます。
ダイナミックなグランドキャニオンの姿でした。


7:00 ホテルに帰って朝食バイキングです。
朝食前から動き回ったのでお腹がすきました。
今朝はバスは9:30に出発です。


私はヘリコプター遊覧を申し込んであったのです。
8:00 バスはエアポートに着きました。


エアポートと言っても小形のヘリコプターなどの発着場です。


前後2列、前は操縦士を含む3人、後は乗客3人です。
ヘリコプターに乗って飛ぶために搭乗手続きがありました。
30分ぐらいかかってやっと搭乗でき、ヘッドセットをつけ
シートベルトを締め出発しました。
この時の動画をyoutubeに投稿してあります。


初めてヘリコプターに乗りましたが、ずいぶん振動の多い
乗り物だなあと感じました。機体は3枚のローターにぶら下げ
られていることを、飛行状態で実感しました。
この不安を消すように、浮き上がって間もなく線路が見え
ました。昨日見かけたグランドキャニオン鉄道らしいです。


しばらく林の上を飛んだ後、見えて来た断崖です。


断崖はぐんぐん近づき、ああ、あの中に飛び込むんだと
覚悟を決める一瞬です。


急に視界は広がり、コロラドの流れがはっきり見えました。


地平線から下に広がる、コロラド川が削り取った何億年にもわたる地層が眼の前にあります。


広大な樹林の端はまっさかさまの断崖に。
初めて樹林を通り崖に遭遇した旅人はいったい何と思ったのだろう。


若いパイロットに命を預けたヘリコプターのコクピットです。


9:30 先に降りて見ていると、観光客がほっとしたように
後から後から談笑しながら帰ってきます。


11:30 私たちのツアーは2時間かけて次の目的地108km先の
セドナにやってきました。


赤い岩の地方へようこそ、でしょうか。


道の駅ふうな休憩所からは、赤い岩が取り残されてできている
いくつかのメサが見えていました。


休憩所の建物前に置かれていた作品?


間近に見えたベルロックという名が付いた赤い岩。


これは何か名前がついているはずだが忘れた。


これも何かありそうだがわからない。


12:20 セドナ市街が一目で見渡せる丘の上で。


丘の上にはこんなきれいな花が咲いていました。


セドナのレストランでは大きいオーダー一覧表が天井から
ぶら下がっていました。


13:05 何という名前か忘れたが、この店の名物らしい。焼き上がるまでにビールで喉を潤しました。

よいよい写真館番外編グランドキャニオンへの旅>第5日目(午前)

第4日目(午後)<  >第5日目(午後)