よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>8日目(午前)
7日目(午後)< >8日目(午後)

 9:00ホテル発 > ブダペスト観光<世界遺産>(王宮、マーチャーシュ教会、漁夫の砦、ゲレルトの丘、国会議事堂、くさり橋)、ショッピング > pm自由行動 > ホテル


漁夫の砦

ブダペストは、ハンガリー共和国の首都で、産業、商業、交通におけるハンガリーの中心都市。東ヨーロッパ有数のグローバル都市である。

人口は1980年代半ばの207万人が最高で、それから若干減少し現在は180万人である。ドナウ川の両岸に広がった都市で、右岸(西側)のブダとオーブダ、左岸(東側)のペストの3地区からなる。これらの地区はもともと別々の町であり、1873年に合併されてブダペスト市が形成された。両岸の地区を結ぶ代表的な橋がセーチェニ鎖橋である。北緯47度29分57秒、東経19度2分38秒。(Wikipedia)



朝 7:23 、ブダペストのホテルの窓から望む。


朝食です。毎日長い間バスに乗っているだけであまり歩いてないのに、
食欲は減りません。体重増加しているでしょうなあ。


9:40 雨の中をゲレルトの丘に案内されましたが、このとおり霞んでいます。
画面中央の王宮のある方がブダ地区です。


ドナウ川に架かる鎖橋です。霞んでしまってよく見えません。


川を挟んで国会議事堂のある方がペスト地区です。
ドナウ川クルーズ等の船が泊まっています。雨だと船もつまらんだろうね。

1987年に「ブダペスト、ドナウ河岸とブダ城」の名で、世界遺産に登録されました。
2002年にはアンドラーシ通りとその地下(ブダペスト地下鉄)が登録対象に加えられ、
2003年には登録名称が「ドナウ河岸、ブダ城地区、アンドラーシ通りを含むブダペスト」
に変更されています。


10:00 王宮にやってきました。


小学生達も見学に来ていました。2,3年生ぐらいかな?


右手奥が王宮なのですが、今は歴史博物館か美術館になっているようで、
私たちのツアーでは入りませんでした。


王宮の門のアップですが装飾が凝らされています。


広場から見た鎖橋です。


何の建物だったのだろう。下の景色に気をとられ説明を聞いて
なかったのでわかりませんが、お宝が入っていそうな感じです。

後からの情報では、三角の部分に書かれたMDCCCVIは1806だそうです。
そしてそれは神聖ローマ帝国の崩壊した年を表しているのだそうです。


紋章と国旗です。


壁面の穴は大戦時の弾痕だそうです。


これも説明がなかったか、聞き逃しましたが、
凱旋の像みたいです。


雨の中をマーチャーシュ教会へ歩く。
13世紀半ばに最初はロマネスク様式で建てられ、
14世紀に入ってゴシック様式で建て直されました。
その後、1541年にブダがトルコに占領されたため、
教会はモスクに改装されてしまい、壁画とかも
塗りこめられてしまっていました。
17世紀にハプスブルグ家によってトルコから解放
され、再びカトリック教会にもどることができました。


マーチャーシュ教会は一部修復中でした。


三位一体の像。中世に流行したペストの終焉を祝って建てられました。


聖イシュトヴァーンはハンガリー建国の父と言われているハンガリーの
国王の1人です。手にハンガリーの国章にも用いられている二重の十字架
を持っています。この二重の十字架は、イシュトヴァーンがこの地にキリスト教
を導入し、キリスト教国家としてハンガリー王国を築いたということと、
ハンガリー国内の大司教を決めるという、権威ある決定権を
法皇から与えられたことの2つの意味があるそうです。


10:29 ここは漁夫の砦。まだ王宮に来てから30分しか経っていません。
ここに漁業組合があったので名がついたとのこと。


漁夫の砦から下りる階段の入口です。


漁夫の砦から見た国会議事堂


バスに乗り、雨の中の鎖橋のくさりを見ながら昼食会場へ。


酒蔵のような地下室のレストランでした。


パブリカチキンだそうです。

よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>8日目(午前)
7日目(午後)< 8日目(午後)