よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>7日目(午前)
6日目(午後)< >7日目(午後)

 9:30ホテル発 >  ウィーン歴史地区<世界遺産>(シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、オペラ座) > ブダペストのホテル


シェーンブルン宮殿

 ウィーンまたはヴィーンは、オーストリアの首都。人口は169万8957人(2009年12月31日)。都市単独で一つの連邦州であり、欧州有数のグローバル都市である。位置は、北緯48度12分5秒、東経16度22分38秒。クラシック音楽が盛んで「音楽の都」・「楽都」とも呼ばれる。第1次世界大戦まではオーストリア=ハンガリー帝国の首都としてドイツを除く中東欧の大部分に君臨し、さらに19世紀後半まではドイツ連邦や神聖ローマ帝国を通じてドイツ民族全体の帝都でもあった(ただしドイツ全域に政治的支配権が及んでいたわけではない)。(Wikipedia)


 今日は国境を越えて68km先のオーストリアにもどり、ウィーンへ行きます。


8:11 ビュッフェ形式の朝食、こんなものを皿に盛って残さず食べました。


ブラチスラバの朝です。雨が降っています。とうとう雨か、・・・という感じで
がっかりしていました。


スロバキアとオーストリアの国境です。


国境を越えてオーストリアに入ると風車群が見えました。


何か大きい化学プラントが見えました。


ビニールハウスもありました。


ビルの壁面に絵が描かれていました。


ここにもありました。


これは落書きかアートか。


もしかしてドナウ川?


市内中心部に近づいてきました。


おそらくここが最も中心部でしょう。
ウィーン歴史地区は2001年に世界遺産に登録されています。


免税店WALTZです。ツアーの人たちはここで40分ばかり買い物をする
ことになり、その間、私は外を散歩してきました。


立派なオペラ座の建物がすぐ近くにありました。


オペラ座入り口の電光掲示板です。演目予定などが表示されます。


切符を持って今夜の公演に誘いに来ました。
でも、今夜はハンガリーですと断りました。


いくつもの国旗が並んでいるホテル・ザッハーがありました。
かつてはこの場所にはビバルディが住んでいたそうです。


通りの向こうに変わった建物が見えました。美術館がありそうです。


ホテル「ザッハー」1階にはカフェ。


像のあるところはアルベルティーナ美術館でした。


王宮庭園ブルク公園東入り口です。ここに入っていればモーツアルト
の像があったのに、地図を忘れたのでわからなかった、残念。


公園入り口の門の上にありました。さすがはハプスブルグ家王宮の施設です。


すぐ近くにアルベルティーナ美術館入り口がありました。


坂道を上がってみると彫像の乗ったきれいなビルがありました。


その向こうには王宮が見えていましたが、集合時間が迫り免税店に戻りました。


途中、和食レストランがあり、ショーウィンドウには懐かしい食べ物が・・・。


歩道の中程にはブースがありウィンナソーセージが焼けていい匂いが
漂っていました。お昼が近いのでお腹がすきました。


私たちは集まってレストランで昼食です。

よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>7日目(午前)
6日目(午後)< 7日目(午後)