よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>6日目(午後)
6日目(午前)< >7日目(午前)

 9:30ホテル発 > プラハ歴史地区<世界遺産>(プラハ城、カレル橋、旧市街) > ボヘミアンガラス店 −333km− ブラチスラバ(ブラチスラバ城、旧市庁舎、ミハエル門、聖マルティン教会) > ブラチスラバのホテル


スロバキアの首都にあるプラチスラバ城は18世紀にはマリア・テレジアが住んだこともあります。



13:15 目抜き通りの交差点にあったGE BANKの建物です。
銀行はどこでも一等地に立派な建物です。


パワーシャベルやブルドーザーなどの間に戦車が描かれているのは何故?


旧型の電車も走っている。奥の方のビルにはたくさんの像が立っている。


ウィーンのオペラ座によく似ているナア。


バスは再び走り出しました。カレル橋の遠景にさよならです。


行き先は約330km先のブラチスラバです。


13:57 農業用トラクターの工場でしょうか。


農業地帯を走ります。


16:49 チェコとスロバキアの国境税関です。ここでトイレのため小休しました。


同じユーロ圏なのに何を待っているのか、トラックの列です。


スロバキアの首都ブラチスラバの町に入って来ました。このあたりは
日本の町もあまり変わりませんね。


電車はチェコと同じみたいです。


17:59 ブラチスラバ城を現地ガイドさんに案内してもらいました。
ひっくり返した四角いちゃぶ台と呼ばれているお城です。


二の丸というところかな。
紀元前のケルト人、ローマ人の時代から建物が作られていた15世紀にはゴシック建築に、
16世紀にはルネサンス建築に建て直され、18世紀のマリアテレジアも約10年間住みました。
1811年には火事で焼失し、共産党の時代にほとんどの部分が新しく作られました。


本丸への門です。門のすぐ右の内側に小さなお土産屋さんがありました。


複十字の旗が翻っていました。
この複十字の入ったユーロコインをお土産屋さんでおつりにもらいました。
現在建物の内部は改修中で、見学はできませんでした。


ドナウ川にかかる新橋の上に展望レストランが見えます。


旧市街に入ります。ミハエル門の入り口です。


天使ミハエルの像です。


ミハエル門の出口です。


門を出るとフラヴネー広場です。出店が並んでいました。


広場から先の通りには何体かのユニークな像が展示されています。
そのうちのひとつが歩道と車道の境目に設置された「のぞき見る人」です。


19:12 広場中央の噴水塔はカクテル光線が照らしていました。


アンデルセンの像には彼の作品に関するものたちが
背中などに彫られていました。


また歩いて聖マルティン教会に着いたときには
午後7時半になっていて、あたりはもう真っ暗でした。


迎えのバスに乗る前に丘の上を見上げるとライトアップされた、
「ひっくり返したちゃぶ台」が見えていました。


午後8時頃ブラチスラバのホテルに到着です。




夕食はホテルでいただきました。
明日はもう一度オーストリアに入ります。

よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>6日目(午後)
6日目(午前)< 7日目(午前)