よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>3日目(午前)
2日目>>3日目(午後)4日目(午前)

 8:00ホテル発 > 古城街道ドライブ −240km− ローテンブルク観光(市庁舎、マルクト広場など) > 午後ロマンティック街道ドライブ −234km− ヴィース巡礼教会<世界遺産> −27km− フュッセンのホテル


 ローテンブルク・オプ・デア・タウバーは、ドイツ南部のバイエルン州ミッテルフランケンのアンスバッハ郡にある大規模郡都市です。



私たちのツアー専用バスは8:00にルードヴィヒスハーフェンのホテルを出て、一路古城街道を進みます。
今日は古城街道のドライブが目的の一つですから、眠ったりせず窓から見えるものを楽しみたい。
朝からラッキーなことにドイツの鉄道車両を2種類一度に見かけました。


古城街道をローテンブルクまで約240km走り、そこで観光と昼食後、
ロマンチック街道をヴィースまで約234km走り、世界遺産の教会を見学、
そして今夜の宿のフュッセンまで約271km走る予定です。


川に沿って走りはじめ、雲が低いのですが風景がなんとなくいい感じになってきました。


川というよりも緩やかな流れで、運河という感じです。


山の上に小さい古城の一つが見えました。


昔は高いところから川を見張っていて通る船から通行税を取っていたらしい。


沈みそうなほど荷を積んだ船が通ります。


8:42 ここでバスを降りて、ちょっと風景を見たりツアーメンバーが会話を楽しむ小休憩です。


土手には黄色やピンクの秋の花が咲いていました。


バスは再び古城街道を走行中です。対岸の並木と町並みもいい感じです。


船の桟橋もあり、結構な町があるようです。


9:27 今日は走行距離が長いので、ガソリンスタンド付属のコンビニでトイレを借りました。
左が私たちの専用バスです。


黄葉した木が建物の屋根越しに見えました。やはり秋を感じます。


バスは走り出しました。緑の絨毯の向こうに砦が見えます。小さい古城があちこちにあります。


途中、白い車を列車一編成全部満載した貨物列車が通るのが見えました。
近くに自動車工場があるのか、新車の積み出しのようです。


間もなくアウディの工場がありました。4つのリングが横に並んだマークが掲げられていました。
ここから積み出されたものと思われます。


ハイウェイも使いながら移動します。


10:48 ハイウェイを使うのは、もちろん早いこともありますが、サービスエリアでの大事な用事もあります。


林と牧草地かな。


森との調和が美しい農地が続きます。


11:32 やがて、ローテンブルクに着きました。馬車が客を待っています。


城壁や櫓があり美しい石畳の町です。


昼食に入ったレストランは馬に関係のある装飾で囲まれていました。


こんな絵も和みます。


12:16 食事は典型的なドイツ料理でソーセージとマッシュポテトにキャベツの酢漬け。
黒ビール(3.3ユーロ)を飲みながらの食事で、両方ともおいしかったです。

参考までにこの店の他の飲み物の価格は下のとおりです。
ローテンブルクの地ビール3.2ユーロ
白ビール3.3
ワイン(グラス)4.0
ファンタ、コーラ2.2
オレンジ、アップル2.2
水(エヴィアン)2.1
コーヒー、紅茶2.1

よいよい写真館番外編中欧5カ国周遊ツアー>3日目(午前)
2日目< >3日目(午後)