>第2日目(午前)

よいよい写真館番外編グランドキャニオンへの旅>第1日目


第1日目
 高知龍馬空港10:35 〜 (ANA) 〜 11:55羽田空港 〜 (リムジンバス) 〜 成田空港17:10 〜 (ANA9時間50分) 〜 11:00ロサンゼルス空港 〜  (バス移動360km5時間) 〜 ラスベガス15:00〜21:00

<事前学習>
カリフォルニア州はアメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都はサクラメントである。
合衆国の州のうちでは最大の人口を誇り、大統領選の選挙人数も最多である。
漢字では「加利福尼亜」。東部にはシエラネバダ山脈、南東はモハーヴェ砂漠、北西にはセコイヤやベイマツの森林地帯がある。
合衆国本土では標高の最高地点ホイットニー山、最低地点デスバレーがある。
18世紀後半からスペイン帝国の植民地となり、後、第一メキシコ帝国に含まれたがアメリカはメキシコからカリフォルニアとニューメキシコを占領した。
19世紀半ばにはゴールドラッシュが起き、人びとが流入娯楽産業中心のロサンゼルスが勃興した。
カリフォルニア州のGDPはイタリア1国に匹敵し、1800年代から独立の試みが27回もある。
(以上Wikipedia参考)



10/17
さあ、高知龍馬空港を出発です。(10:21)( )内はカメラの時計です。


幸先がいい、富士山が見えます。


羽田から成田までリムジンバスで高速を走ります。


警戒の厳しい成田空港に着きました。(14:12)


初めての成田国際空港。でも関空と差は感じられません。


自分でチェックインも済ませ17:10発予定に搭乗します。(17:43)


出発後モニターに示された画像です。
生まれて初めて「日付変更線」というものを飛び越えました。
西側から東側へ飛ぶので、ここで前日の日付に戻ります。
東側から西側に飛ぶと逆にこの線上で次の日になります。


従ってそんなに時間は経ってなくても、前日の早朝になり、
出された機内食の朝食です。(20:28)
搭乗後3時間経っていません。


美しい空です。下界でもいいお天気ならいいけど。
寝ている間に夜中の0:00を過ぎ10/18日になったのですが
日付変更線を通過したので10/17日がまた始まりました。
不思議な感覚です。でも食べたらまた眠りました。


昼前に出された機内食の昼食です。(02:21)
寝てたのにまた起きて食べました。搭乗後約8時間半です。


ロサンゼルス空港到着は現地時間で11:00の予定でした。(04:11)


空港からロサンゼルス市内に向かいます。
ラスベガスまで360km、バスで5時間の道のりです。


市内のレストランでの昼食が終わり、これからまたバスに乗る
ところです。(07:02)=>午後2時

ロサンゼルスの日本との時差は−17時間なので、皆が一斉
に腕時計を17時間戻しました。

今日はまだアメリカの国家予算が成立しないので国立公園は
閉鎖中という事態なので、ツアー客の半分ぐらいがキャンセル
したとのことです。
昨日まではこのツアーは「中止」になっていたそうです。
私の申し込んであった今日のツアーは出発しました。
私は、予算成立引き延ばしには限界があるという話を信じて、
参加希望を押し通してきました。それに国家予算が間に合わ
ないなら国立公園を州予算で開くという州も出て来ていました。
だからこのツアーは少人数で、前後左右2列のシートを独り
占めできて、たいへん楽なバス旅行でした。


市内を出てラスベガスに向かいます。大陸横断鉄道か、
長い貨物列車です。


トラックも大きい荷台を引っ張った長距離用トレーラーが多い。


16:30 トイレ休憩のため高速道路から下りたところが
昔の国道66号線で、入ったお店が「ルート66」でした。


夕方になり、どんどん砂漠らしくなってきました。


ラスベガスの町が近付いてきました。


とっぷり日も暮れて、砂漠の中に突如ネオンが輝くラスベガス
の街並みです。19:10ホテル着予定。

よいよい写真館番外編グランドキャニオンへの旅>第1日目
>第2日目(午前)