よいよい写真館番外編西安・北京ツアー>第1日目

第1日目

 第5日目< >第2日目午前


5月28日(月) 高知−>広島−>大連−>北京−>西安

ツアーの出発は14時30分で、集合は2時間前の12時30分ということでした。
高知−広島高速バスでは広島に着くのが11時57分。とても間に合いそうにありません。

高知県の高知(こうち)インターから広島県の河内(こうち)インターまでの料金はハイウェイナビゲータによると8,800円で、距離は239.5kmとあります。
このうち瀬戸大橋以外はETC利用の場合の0時から4時までの深夜割引の対象になります。

空港最寄りの本郷でなく次の河内インターということは無料駐車場がそこに近いということです。
この駐車場は駐車料金は海外旅行の飛行機の半券がある場合はサービスで無料ということです。6月中だったかな?期間限定でした。

目的地は遠い、黙々と安全運転します。途中何カ所かでコーヒータイムや休憩をとり、最終は本郷インター直前の高坂パーキングエリアで仮眠しました。

高坂PAで
これからの素晴らしい旅を予感させる、きれいな雲を見ました。


まだ新しい感じのする広島空港は山の上にありました。


尾根を削ってできた広島空港の模型が展示されていました。


これから乗り込む中国国際航空機AIR CHINAです。
14:30 定時に出発しました。


14:40 ドリンクサービスのコーヒーですが、残念ながら
粉ミルクが溶けにくかったです。


下層の白い雲と、宇宙を感じる紺碧の空の対比が美しい。


14:54 昼食の機内食が出ました。これはおいしかったです。


上空から見た韓国仁川の飛行場です。


中国領土に入りました。農業地帯ですね。


あちこちで高速道路が建設されています。
今、中国はがんばってますね。


間もなく大連です。


16:16 大連空港に到着。


大連空港の喫煙室から

大連空港では中国への入国手続きがありました。
同じ飛行機で北京まで行くのですが、一旦荷物を受け取って入国手続きに向かいます。

入国カード、健康検疫カード、税関申告書を機内で書いておきます。旅行社に依頼すると4,000円必要です。
海外旅行が初めての私はここで大変緊張し、カードを書き終わるとフウーとため息、でも割合簡単でした。

不安に思いながら入国審査のゲートで係官から許可が出るとまたフウーッと大きなため息が出ました。
出発ロビーの喫煙室を見つけたときに、やっとホッとできました。

ここで中国時間に合わせ1時間時計を遅らせました。


17:09 来たのと同じ飛行機に乗り込み、今度は北京に向かいます。


車の旅はこうはいかない。今日は安心。でもこのビールは期待が外れて生ぬるい!


飛び立つと間もなく駅が見えました。高速道路もあり、
大連は地域の物流の拠点ですね。


広い農業地帯の中に住宅がひしめき建っている。
日本なら個人所有の農地を各自が守るために点在して
いる農村の住宅が、ここでは集合している。


いよいよ北京に近づいています。


北京付近の田園地帯から都市に移るところで、
間もなく北京空港です。


18:25 飛行機から降りたのはロビーの建物からは遥か遠い
場所で、延々ととバス移動でした。ちょうど羽田や大阪
の空港に片田舎の高知から着いたみたいな感じでした。


北京空港ではツアー仲間の3人の荷物が出てこないトラブル発生!

コンベアの内部に引っかかっていました。添乗員さん冷や汗でしたね。

17:45着の北京では西安行きに乗り継ぐのですが、2時間もあるとはいえ、添乗員が空港職員に掛け合い一時は大騒ぎでした。
荷物は空港職員に何とか発見されて持ち主に戻り、無事に19:45発西安行きの飛行機に乗ることができました。
さて、21:25西安到着です。空港を出てバスに乗り早速近くの料理店で西安料理をいただきました。
日本時間ではもう夜中の12時近くです。

1日目の夕食
23:36 西安での初めての食事です。遅い夕食で、お腹がすいたので麺を食べたかった
のですが、香料が口に合わなくて、少ししか食べることができませんでした。

高速道路料金所
食事を終え、バスで高速道路を走り、23:50ホテルに到着しました。
日本時間では夜中の1時近くです。飛行機では寝てたようなものですが、ハードな一日でした。

第2日目へ

 第5日目< >第2日目午前

よいよい写真館番外編西安・北京ツアー>第1日目