よいよい写真館番外編>等持院

等持院(河田小龍墓所)


 衣笠山の麓、京福電鉄から少し北に入ったところにある等持院には、河田小龍のお墓があります。(2003.8)

等持院境内
 門前では、この門を車でそのまま入っていいだろうかと
迷いましたが、入ってみるとこのように結構広い駐車場
がありました。
 まだ朝早かったので、他には客もなく、しんと静まりか
えっていました。

等持院墓地参道碑
 とりあえず、目的の小龍のお墓に参ろうと寺の受付で
訪ねました。玄関番をしていたおじさんは要領を得なくて
奥から出てきた奥さん?から、一度外に出て立命館大学
の構内に入らないといけないことを丁寧に教えていただく
ことができました。

等持院墓地入り口
寺の裏手まで回り込み、大学の構内に入り真っ直ぐ突っ切ると
墓地の門がありました。

河田家墓所
 門を入り、右手の方に進むと河田家の墓所がありました。

河田小龍墓
 中央は祖先代々墓、左が河田小龍墓、右は河田照女墓となっていま
した。坂本龍馬に大きな影響を与えた、土佐藩の船役人であり、狩野派の
絵師でもある小龍です。(文政7(1824)〜明治31(1898)75歳)
 船役人としてジョン万次郎から聴取したことを記述した「漂巽紀畧」が有名
ですが、晩年には京都の琵琶湖疎水工事に立ち会い、南禅寺の水道橋や
琵琶湖から京都の町までの俯瞰図や、その他細かい施工記録図を描いて
いて、高知県立美術館では両方とも2003.11.02〜12.23の間に見ることが
できました。

等持院表庭園
 等持院にもどりお庭を拝見しました。縁に座ってゆっくり
したのですが、表側はあまり特徴のない庭でした。

足利尊氏墓
 裏に回るとたくさん木々が植えられて、手入れされた
美しい庭がありました。「心」という字を形取った池があり、
その脇に足利尊氏の墓がありました。

等持院西庭園
 西の庭は芙蓉の花を形取った池と中の島で、これも美しい庭です。
真ん中の石の上にはもとは観音様が立っていたそうです。
 このほかにも霊光殿という建物があり、その中には足利歴代の
将軍像が徳川家康の像とともに並べられていてます。
天誅組が幕府を批判するため、この足利三代将軍の木像の
首を三条大橋に晒したという事件もありました。

よいよい写真館番外編>等持院