よいよい写真館番外編>當麻寺

當麻寺


2010年5月5日(水) こどもの日 晴れ


奈良訪問の帰り道に、従姉夫婦の案内で當麻寺(たいまじ)に立ち寄りました。


桜の若葉の前の仁王さん「阿(あ)」です。


ツツジの前の仁王さん「吽(うん)」です。


広い境内です。この周囲にいくつもの坊寺があります。


美しい藤が咲いていました。


ここはお茶をいただける院のようです。


ここは今、庭で牡丹が咲いているそうです。
後ろには双塔のうちの東塔が見えています。


本堂手前の左にある金堂です。


扉が開いていて、何か声が聞こえていました。


本堂手前の右手、金堂の向かい側にも同じような建物がありました。
こちらは講堂と書かれていました。


全ての扉が開かれていた本堂です。


本堂前から左を見ると変わった屋根が見えました。
ここは何をするところでしょうか。たぶん、風呂か厨房かと思いました。


近くにもうひとつ牡丹の咲く庭を公開している双塔園という庭のある坊がありました。


紫雲山護念院という名の當麻寺の中核で、中将姫が住んでいたというお寺です。
背後に西塔が見えています。


昭和59年にはここに三笠宮様がお越しになられたとのこと。


雨や日射で傷められないように傘が広げられていますが、残念ながら
昨日の暑さでやられたとのことでした。


それでもいくつかはまだきれいな状態を保っていました。


約1300年前に建立されたという国宝の西塔が見えています。


客殿や庫裏の屋根、あちこちの坊の屋根が重なって見えていました。..


突然やってきた「蓮花ちゃん」、中将姫をあらわす當麻寺のマスコットです。
當麻寺のHP 説明の詳しいのはここ

よいよい写真館番外編>當麻寺