よいよい写真館番外編>若草山、春日大社

若草山、春日大社


2013年5月5日(日) こどもの日 晴れ


近鉄奈良駅から若草山に向かい歩きました。


通りには鹿せんべいを売る露天が建ち、鹿ももらえるのを待っているようです。


ツーリング族も公園でくつろいでいます。


鹿、こわくないって、大丈夫よ。


この階段を上がると、・・・


さあ、若草山です。


「入山ゲート」があり、入場料を支払って、入ります。


早速、鹿が歓迎してくれました。


賑やかに音楽が流れ、斜面で何か競技が行われていました。「鹿せんべい投げ」だそうです。
風があって難しそう。


登山道を上がります。


草花を見ながら30分ぐらいで頂上に着きました。霞んでいましたが奈良市内が一望に見えます。


ふと上空を見上げると、変な形の虹が見えました。


山を下りたら、登るときには気がつかなかった、春日大社の案内がありました。


突然でしたが、せっかく来たので少しお邪魔をしようと思いました。ここは水谷道だそうです。
春日大社は世界遺産になっているようです。>詳しくは世界遺産 春日大社 公式HP


入るとすぐに女性器を模した「子授石」がありました。


灯籠の間から鹿が覗いています。


こちらは恐い大きい狛犬です。


首の毛が渦巻いています。


階段を上がると鮮やかな朱で彩られた山門が立っていました。


四方を軒から灯籠が吊り下げられた回廊が取り巻き、中心に拝殿が見えました。


左にはご神木でしょう。


右には藤の花が咲いていました。


回廊の内部です。たくさんの釣り灯籠が並んでいます。


夜間のイメージを表した部屋もありました。


左の庭には房が長く地面につくという「砂ずりの藤」と呼ばれる藤がありましたが、そんなに長くなく、
家にある藤の房と同じぐらいだなあと思いました。これから伸びてくるのでしょうか?


山門を再びくぐって帰ります。


訪れた時には少なかったのに午後の時間になると人でごった返すような感じになっていました。

よいよい写真館番外編>若草山・春日大社